にんべん高津さん

2月9日に放送予定の「カンブリア宮殿」に、株式会社「にんべん」の第13代の社長の高津克幸(たかつかつゆき)さんが出演されますよね。

 

そこで今回は、株式会社にんべんの社長を務める高津克幸(たかつかつゆき)さんのwikiや出身高校と大学や年収についてお伝えしています。

スポンサードリンク


高津克幸のwiki・経歴は?

高津克幸さんは、東京都出身で、にんべんの第12代を担った「高津伊兵衛」氏の長男になります。

 

高津さんの出身高校について調べてみましたが、今のところは分かっていません。

 

高津克幸さんは、高校卒業後に青山学院大学の経営学部を卒業された後に、有名百貨店の「高島屋」に入社しています。

 

青山学院大学といえば、著明な方が数多く卒業しているいわずと知れた超有名な私立大学ですよね~。

 

「にんべん」は1669年に創業されたということで、江戸時代から現代まで300年以上にわたって続く非常に歴史のある会社になります。

 

そういった経緯もあり、高津克幸さんは幼少期のころから会社を継ぐ方向へ進むことを勧められていたようです。

 

高津さんは、高島屋に3年の間、勤務した後の2009年からにんべんの社長に就いており、今年で9年目になります。

 

高津さんは、丹羽宇一郎(にわういちろう)さんを尊敬しているそうです。

 

丹羽宇一郎さんといえば、名古屋大学出身で、伊藤忠商事の会長や日本郵政の取締役などをつとめた超エリートキャリアをもった人物です。

 

そんな方を尊敬している高津さんは、非常に向上心も強いのでしょう。なにせ、江戸時代からある会社の社長をつとめているのも大きいかもしれませんね。

 

高津克幸さんはスポーツマンなようで、趣味はアルペンスキー、カヌー、トライアスロン、料理といった多岐にわたっています。

 

料理が趣味に入っているということは、お上手なんでしょうね。趣味を見ていても、高津克幸さんの物事に対する挑戦的な姿勢がよくうかがえますよね。

 

にんべんってどんな会社?

株式会社「にんべん」についてですが、かつお節やふりかけ、調味料といった製品を製造する加工食品などを製造、販売している会社になります。

 

こうして、にんべんで作っている商品について見ると、私たちの食生活の中でも非常に関わりの深いものを扱っていることが分かりますよね。

 

資本金は8800万円で株式は上場していないようです。

 

スポンサードリンク


 

にんべんの社名の由来は?

にんべんの由来について気になったので調べてみました。にんべんの商標である“イ”の文字は創業時の屋号である「伊勢屋伊兵衛」にちなんでいるそうで、堅実な商売を意味する「鉤型」(かぎがた)と結びつけていたようです。

 

「にんべん」という商標はもともと江戸時代から使われており、当時の町人らが親しみを込めて「伊勢屋伊兵衛」のことを「にんべん」と呼び始めたのがきっかけだそうです。

 

社名の由来をひも解いてみると、とても歴史を感じますね。

 

高津克幸は結婚して子どもがいる?

高津克幸さんが、結婚して奥さんがいるのか調べてみましたが、今のところは分かっていません。

 

ただ、高津克幸さんの後を担うために子孫を残している可能性は高いので、個人的には結婚していると考えています。

 

高津さんの家族に関する詳しい情報は、今夜のカンブリア宮殿にて放送されるかもしれませんね。

 

高津克幸の気になる年収は?

高津克幸さんの年収についてみなさん気になる方も多いかと思いますので、調べてみました。

 

具体的な年収については分かりませんでしたが、おそらく7000万くらいでしょうか。

 

まとめ

高津克幸さんについてお伝えしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

江戸時代から300年以上も続いている会社のトップである社長の役を担っている高津克幸さんには相当なプレッシャーがかかっているかもしれませんね。

 

にんべんの歴代当主はつねに挑戦を続けています。だからこそ300年以上も存続する企業になったのだと思います。

 

今夜のカンブリア宮殿の放送を待ちましょう。

スポンサードリンク