みなさん、こんにちは(・ω・)

2019年4月1日に、政府が平成に続く新元号を「令和(れいわ)」に決定したことが公開されましたね♪

 

本来おめでたい話題のはずですが、新元号の令和(れいわ)の「令」に対して、「命令」の「れい」というイメージが強く、違和感を感じている方もいるかもしれません。

私も実際、新元号を初めて聞いたときは同じような気分になりましたし、ぶっちゃけ、「古風で微妙だし古臭いな~」という印象を持ちました。

 

そんなちょっぴりマイナスイメージがある「令和」ですが、本当に意味するところは一体何なのか気になるところです。

今回は、命令という感じがする違和感や、微妙で古臭い新元号の「れいわ(令和)」の真の意味について調査してきましたので、ぜひご覧ください☆

スポンサードリンク


令和が命令ですごい違和感?

新元号の令和(れいわ)ですが、「令」の字がすぐに連想されるものが命令以外に思いつかない方が多かったためか、悪い印象を持たれている方も少なくないようです。

実際に、みんなの反応をチェックしてみましょう。

 

みなさん、令が「命令」の「れい」という印象が大きいようでかなり反発しているように見受けけらますね。普段あまり使う漢字でもないですし、命令の他に考えつくところがないというのは私も納得するところです(´-ω-`)

 

ですが、実際に令和は本当に命令なんでしょうか?

 

スポンサードリンク


微妙で古臭い令和に含まれる意味とは?

新元号の令和(れいわ)ですが、「和」という文字が「昭和」とかぶっており、ちょっと微妙で古臭い感じもします。

その元号「れいわ」の意味については、こちらの記事で詳しく解説しておりますので、気になった方はご覧くだささい!

⇒令和(れいわ)18年がR18でやばい!【新元号】由来や意味は何?

まとめ

本記事では、微妙で古臭い感じがする新元号である(れいわ)についてお伝えしました。

確かに令和の出典は万葉集からだと公式発表では説明されていますが、実際のところではどのような意図をもって名付けられたのか、その真相は不明です。

 

しかし、せっかくの改元ですが否定的に見るよりも肯定的にとらえた方がよいのは間違いないでしょう。

なんだかしっくりこないし、喉元にひっかかるという方がいらっしゃるのは十分に分かりますが、徐々に慣れていくしかありませんね~。

 

これから何かと慌ただしい動きになりそうですが、引き続き、令和(れいわ)に注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

スポンサードリンク