全国高校野球で、仙台育英高校と大阪桐蔭高校が対戦し、激戦の末、仙台育英がサヨナラの逆転勝ちしました!

しかし、仙台育英高校の、渡部夏史選手がファーストにキックをしたからだという理由で、「最低」などという声が多数あり、かなり大きな騒動になっています!

 

渡部くんは、ツイッターを利用していましたが、大阪桐蔭高校の試合でキックをした疑いがもたれ、批判が殺到したことにより、ツイッターアカウントを削除する事態まで発展しています!!

 

さらに、渡部捕手はなんと、日本文理との試合でもキックをしていた可能性も一部では指摘されていました!

今回は、渡部夏史選手が日本文理戦と大阪桐蔭高校の試合で蹴りやキックをしていた疑惑の真相や、最低と批判され、炎上したことについて調査しました!

スポンサードリンク


渡部夏史とは?

まず、高校野球の試合中にキックをしたとして炎上した渡部夏史捕手ですが、そもそも、「名前の読み方がわからん!」と思った方もいらっしゃると思います。

私もはじめて見たときは、夏史って名前はかなり珍しいな~と思いました!

そこで、読み方を調べてみると、「なつひと」であると判明しました!!

 

「史」という漢字は、名前では「ふみ」と読む人しか聞いたことがなかったので、ちょっと驚きました(^-^;

ただ、「知っている方は知ってるんだろうな~」と思います。

 

渡部夏史は日本文理の試合でも蹴りキックをしていた?

渡部夏史(わたべなつひと)選手の騒動ですが、よく調べてみると、日本文理との試合でも蹴りやキックをするなどのラフプレーをしていた可能性が噂されています。

 

動画の中で、渡部選手が、足を引っかけるようにしているよう見えたので、キックをしたという噂が浮上することになりましたが、真相のほどは現在のところは不明です。

 

スポンサードリンク


渡部夏史が大阪桐蔭の試合でキック炸裂と炎上している動画

渡部夏史(わたべなつひと)さんは、仙台育英高校の選手ですが、渡部さんがサヨナラ勝ちをすることになった試合中になんと大阪桐蔭高校のファーストをキックしたのです!!

 

 

渡部選手が、意図的ファーストの選手に対して、蹴りを入れたのかは見ただけでは正直なところどちらなのか不明です。

相手チームの選手に対して、キックで蹴りを行った可能性について、仙台育英高校の監督は、

それについてはあんまり・・・

と答えていたことが分かっています。

 

渡部選手も、本当にわざと試合中にキックをしたのでなければ、身の潔白をはっきり言うべきだと思いますが、何も湖面としないために、余計に世間では、「やっぱりわざとだったのか!」と行った形で結果的に炎上してしまったものだと考えられます。

 

仙台育英高校は、甲子園(全国高校野球選手権大会)に毎年のよう出場をしているかなり名門校なので、キックなど姑息な手段に走らずとも勝つ力もあると思うので、渡部さんが意図的にキックをしたという意見には私は賛同できかねます。

 

渡部夏史のキックに対するみんなの反応は?

 

渡部夏史のラフプレー行為の真相は?

渡部夏史(わたべなつひと)選手が、悪意をもって相手選手へキックや蹴りをしたのかどうかは定かではありませんが、私個人の考えでは、「渡部くんは、意図的にキックをしてはいない」と思っています。

そもそも、ラフプレーをするなんて、スポーツマンシップにも反することですし、まして、甲子園に出てくるようなレベルの方は、卑怯なことをすれば炎上するなんてことは分かっているでしょう。

 

甲子園にスタメンで出場しているような選手ですし、将来はプロ野球選手を目指していると思うので、意図的に蹴りをしたのではなく、勢い余って、結果としてキックをしてしまったのだと考えられます。

 

最後に

仙台育英高校の渡部夏史選手が、試合中にラフプレーをしたという一連の噂と騒動は、完全に収束するまでにはまだしばらく時間がかかりそうですね。

日本文理と大阪桐蔭高校の2試合で渡部選手が故意にキックをしたことは、憶測の域を出ませんし、仙台育英高校の選手であることを考えてもおそらく違うと思われます!

 

渡部夏史選手は、ご自身のツイッターアカウントまで削除して、かなり気持ちが沈んでいるようですが、噂がただの噂で真実ではないのなら、早く立ちなおって、また前を向いて進んでいくことを願っています。

スポンサードリンク